img_02

臨時に設置した喫煙所にも利用出来る分煙機も在ります

喫煙所などに設置されているカウンター式やテーブル式の分煙機は、灰皿に置いて在る煙草の煙も吸い込んでくれる効果を期待出来ると言ったメリットが在ります。

煙草の煙には副流煙と主流煙と言う2つの種類が在るのをご存知でしょうか。
副流煙と言うのは、煙草の火が付いている部分から立ち上る煙であり、灰皿に煙草を置いている時に立ち上る煙や、喫煙者が煙草を指に挟んでいる時などに立ち上る煙のことを意味しています。



煙草の煙は有害な物質を含むと言われているのですが、本流煙よりも副流煙の方が有害な物質が含まれている量が多いと言われています。因みに、主流煙と言うのは、喫煙者が直接煙草の煙を吸い込む煙であり、副流煙は本流煙よりも有害物質が多いため、この煙を防止させることが受動喫煙を防止する事に繋がると言う事です。喫煙所には色々な人が訪れて煙草を楽しむ事になるわけですが、副流煙を吸い込む事で喫煙者も受動喫煙をすることになるため分煙機が役立つ存在になってくれると言う事です。



煙草を灰皿に置いている時の煙は、分煙機が煙を吸い込んでくれて、フィルターを介してクリーンな空気を放出してくれますし、煙による煙草の嫌な臭いも脱臭機能により、臭いの低減を図ることが出来るなどのメリットも在ります。



また、テーブル式やカウンター式の分煙機と言うのは設置するだけで直ぐに活用する事が出来るため、臨時に作られた喫煙所などにも利用できると言ったメリットも在ります。