img_02

煙と臭いの両方を吸引する分煙機の魅力

煙草を吸うことにより発生する煙の中には、発がん物質のタールや一酸化炭素、アンモニアなどの有害物質が含まれています。


これらは、当然周囲に拡散するので、健康への悪影響は喫煙者だけに限定されることはありません。

このために、病院や駅、役所などの公共施設では、全面禁煙を実施しているケースが増加しています。しかし、現在でも成人男性の30パーセントは喫煙者であり、全ての空間からこれらの人を排除することは出来ません。

分煙機に関する情報について解説します。

特に、難しいのが職場での扱いです。

別の場所に喫煙所を設置するなどの分煙が主流となりつつありますが、オフィスと近い場所にある場合は煙や臭いが漏れて流れてくる可能性があり、逆に遠すぎる場合は喫煙者だけが余分に休憩できるというフェアでない状況となってしまいます。



このような問題を改善できるのが、分煙機という新しいシステムです。
煙と臭いの両方を吸引するので、非喫煙者が不愉快な思いをすることがなくなります。



これにより、喫煙者と非喫煙者が同じ空間での共存が可能となるので、生産力の向上という企業にとってのメリットが生み出されることになります。なお、分煙機は様々な業者が提供しており、商品内容は非常に多様です。


ただし、導入する際は単に分煙機だけを比較すれば良いというわけではありません。設置後に故障した場合に備えて、アフターサービスがしっかりしている業者を見つけ出すのが最適です。

これにより、長期的な利用が可能となるからです。